blog

NEW YEAR’S REFLECTIONS, 2014

(Japanese translation found below)

It is January 1, 2014 and I am sitting in a weekly mansion in Kita-Ikebukuro in Tokyo, Japan. Typically, the first day of the year has been a very exciting and hopeful time for me. I love the big transition times in life, signaling the end of one period and the beginning of another. These times tend to bring such power and movement with them. It is a time to let go of old and outdated habits and beliefs and to begin to embrace whole new possibilities and outlooks.

For some reason, on this day I am feeling a bit on the somber side. I still feel like 2014 will be a truly amazing and spectacular year. I still feel like there will be openings and awakenings that will blow minds wide open. Its just that along with all those new openings, I feel that there will also be certain acts that will be asked of each of us that will not be particularly pleasant.

I don’t know about the rest of you, but it appears to me that everything is speeding up. Time is speeding up. Significant events, including the creation and destruction of major institutions and modes of thought, are speeding up. Spiritual and cultural evolution is speeding up. So many things on so many levels just appears to be going faster and faster. In my own experience, there just does not seem to be any time to waste. Gone are the days when I could luxuriate in seemingly endless periods of time to do whatever the hell I wanted. There is an urgency that is in my face compelling me to shed unneeded layers, habits and beliefs. Oh, I have moments when I want to just run away from all of it and lose myself in some kind of unconscious condition, but those moments don’t seem to be very sustainable for any significant period of time.

Now, as many of us know, moving and growing in this kind of way is not an easy proposition. It requires a kind of tenacity, courage, persistence and alertness that is not common. More than anything it requires a willingness and an ability to get damn uncomfortable on a regular basis. And, I am not taking just about getting physically uncomfortable. I am talking much more about getting mentally and emotionally uncomfortable in ways that for many, would simply be unbearable.

The primary obstacle to any kind of spiritual opening (or the cultivation of wisdom or any kind of real change for that matter) is the matrix of conditioned patterns of thought that we identify with. In this particular day and age, most of us hold very strong identification with a whole raft of conditioned beliefs, opinions and preferences that gel together to form a kind of “personality” or ego state. We identify so strongly with these particular thought patterns that most of us actually believe that those patterns are us. In this state of identification, it is nearly impossible to see that these particular patterns that we identify with are merely superficial or transitory phenomena. By identifying with these phenomena and by believing that these “ghosts” are us, we keep ourselves in a suspended state of deep inertia where any kind of real spiritual growth or change is highly unlikely.

Generally, our belief is so strong and ingrained that we do not see our beliefs as beliefs. The beliefs that we hold on this level simply appear as immutable reality, never to be questioned or changed. In this way, the beliefs almost always operate quietly and powerfully in the background of our lives and are rarely in danger of being disturbed and unseated in any way. This is the main reason why most of us feel so bound to our habits and beliefs and why many of us feel it is so difficult to enact any kind of real or meaningful change in our lives. As a result, there is a kind of deep resignation and even a kind of nihilistic fog that affects us all. We try to make it appear that we are cheerful and hopeful on the outside, but if many of us were ruthlessly honest with ourselves, we would admit there is a general mood of fear and hopelessness that exists within us.

When we identify with those conditioned patterns of thought, we quite literally create an ego state, in which we experience ourselves as that ego. In that state, a majority of our energy goes towards tending to and protecting that ego state. We participate in mental and emotional habits that build up our ego state and ensure that it is not disturbed in any significant way. Thus, we fight, we argue, we resist, we run from any experience or condition that would reveal any of the underlying dynamics of the ego state. This is why most of us create a very strongly defined “comfort zone” and spend most of our time and our life making sure that we stay well within the boundaries of this zone.

So, in order to begin to make any significant movement in our spiritual lives, we must, with great conviction, resolve to venture out of our own comfort zones. We must resolve to venture out of our comfort zones on a consistent basis with the intent to venture further and further. This means getting damn uncomfortable, more uncomfortable than you have ever been before in your life. This means to consciously cease our incessant defense of ourselves, our beliefs, our opinions and even our preferences. This means learning to be fully present wherever we are without justifying or defending.

I recently watched a video on the martial art that my father practiced called Aikido. The brilliance and the power of the art form is that there is little or no resistance offered in any of the techniques. Aikido practitioners develop a well honed sensitivity to the flow of energy or movement in any particular situation and learn to simply move or flow in the same general direction of the existing flow. By only going in a similar direction of the existing flow of energy or movement they generate or utilize tremendous power. They relinquish the need to control or dominate any person or situation and simply move with the flow as it is. In the same way, when each one of us tries to control or dominate anything in any particular situation, we deny ourselves access to the inherent power or flow of that moment. We also trap ourselves in that static ego state, the state of a permanent personality that most of know all too well. It is a state where reality appears to have a kind of unforgiving and unbending quality to it. It is a state that seems to have a scarcity of creativity, joy and possibility to it. It is a state of reality that many of us are all too familiar with.So, this is why there is a sense of foreboding for me in this new year instead of a sense of hopefulness. I know that there will be incredible breakthroughs this year and I also know that I will be called upon to become more deeply uncomfortable than I have ever been before. As I choose not to defend myself and not to resist situations and emotions, I know I will come face to face with many of the deep and dark emotions and thoughts that I have successfully avoided for so long. Already I am shaking inside with the fear and distaste that comes from facing those emotions, feelings and thoughts that create an unbearable kind of discomfort. I know that in order to be free of the ego state that I have lived with for so long (and that probably been a part of my family’s legacy for generations), I must be willing to become intimate with all the buried guilt, anger, shame, feelings of worthlessness and fear that I have trying to keep

far away from me for my whole life. Happy New Year 2014!

—–

2014年 新年に思うこと

2014年1月1日です。いま私は日本の東京は北池袋のウィークリーマンションで机に向かっています。私にとって、概して一年の初日は、とてもわくわくし希望にあふれるひとときでした。ひとつの時代が終わり新たな時代の始まりを知らせる、この人生の大転換期が大好きです。この時期は大きな力と動きをよく伴います。古く時代遅れになった習慣と考えを手放し、まったく新しい可能性と展望を抱きはじめるときです。

いくつかの理由で、この元旦に私は少し暗い気持ちでいます。それでも2014年は実にすばらしく目を見張るような一年になるだろうと感じます。そして驚嘆するような始まりや目覚めがあるだろうとも感じます。新たな始まりに伴って、私たちひとりひとりに、あまり心地よくないような行動もまた求められるだろう、と私が感じているだけのことです。

他のひとのことはわかりませんが、私には、すべてが加速しているように見えます。時間が加速しています。 大組織や思考法の創造と破壊といった、大きな出来事が加速して起きています。精神的そして文化的な進化が加速しています。あらゆるものがあらゆるレベルにおいてどんどん加速しているようです。自分自身の経験でいうと、無駄にできる時間などないように思えます。一見すると永遠の時間の中で望んだものを何でも楽しめるような日々は終わったのです。私の目の前には切迫感があり、不要な思考、習慣、思い込みを捨てざるをえません。ええ、何もかもから逃げ出してある種の無意識状態で自分を見失いたくなるような瞬間があるのですが、そういった瞬間はどんな重要な局面においてもあまり適切でないように思います。

さて、私たちの多くが知るとおり、このような方法で前進し成長することは、たやすいことではありません。ある種の持久力、勇気、忍耐力と並ならぬ注意力が求められます。さらに、私は単に身体的に居心地悪くなることだけをお話ししているのではありません。むしろ、多くのひとにとってひたすら耐えがたいようなあり方で、精神的感情的に居心地悪くなることについてお話しているのです。

どのような精神的目覚め(叡智を深めることであれ、そのための現実的変化であれ)にとっても、初めに障害となるのは、自らが一体化してしまっている、条件づけられた思考パターンという鋳型です。この特別な日そして時代において、私たちの多くは、膨大な条件付き信念、意見、嗜好をしっかり抱えこんで自己同一視しており、それは半固体のように固まって、ある種の「人格」ないしエゴの状態を形づくります。私たちは、これらの特定の思考パターンとあまりに強く一体化するために、たいていの人が、これらのパターンが自分自身であると実際に信じ込んでしまいます。この同化状態においては、自らが一体化しているこれらの特定のパターンが表面的で移ろう事象にすぎないと理解するのは、ほぼ不可能です。こういった事象に一体化し、これらの「亡霊」が自分自身であると思い込むことによって、私たちは根深い惰性の状態に留め置かれます。そこではどんな種類であれ実際の精神的成長や変化は、なかなか起こりません。

概して、私たちの思い込みは強固に根付いてしまっているので、私たちは自分の思考を思考として捉えることができません。このレベルにおいて私たちがしがみついている思い込みは、疑問を付されることも変化することも決してない、不変の現実世界にしか見えません。この方法では、思い込みはほぼ常時、私たちが生きる背後で静かにかつ強力に動作しており、どんなやり方であれ妨害や退去の危険にさらされることは稀です。私たちの多くが自らの習慣と信条に強くとらわれていると感じ、実際の有意義な変化を人生で起こすことが難しいと感じているのは、これが主な理由です。その結果、ある種の諦念やある種の漠然とした虚無感さえもが存在し、私たちに影響を及ぼすのです。私たちは、外面では元気で楽観的であるように見せようとしますが、自分自身に情け容赦なく正直であれば、怖れや絶望の気分があまねく内側にあることを認めることになるでしょう。

こういった条件付き思考パターンと一体化するとき、私たちは実に文字通りエゴ状態をつくりだし、そこでは自分自身をそのエゴとして体験することになります。そこでは、私たちのエネルギーの大半は、そのエゴ状態に寄与して防衛する方向へと流れます。ゆえに私たちは闘い諍い抗って、エゴ状態の隠されたダイナミクスを少しでも暴くようないかなる体験や状況からも逃げ出そうとするのです。だからこそ私たちの多くが堅固な境界線を持つ「コンフォートゾーン」を作りあげ、ほとんどの時間と人生をその圏域の境界線内で確実に安全に留まれるように過ごしているのです。

ですから、精神世界的な生き方において大きく動き出すためには、私たちは確固たる信念を持って、自分のコンフォートゾーンから旅立つことを心に決めなければなりません。一貫してさらにはるか彼方へと冒険する意志を持ち、コンフォートゾーンから船を漕ぎ出す決心をしなければなりません。これはひどく居心地悪くなること、人生でいまだかつてない不快さに陥ることを意味します。自分自身や信念、意見を絶え間なく防衛するのを意識的に終わらせること意味します。自己正当化も自己防衛もしないどこであれ、ただ在ることを学ぶという意味です。

最近、私の父が練習していた合気道という武術のビデオを見ました。その型の際立った力強さは、あらゆる技においてほとんどないしまったく抵抗力が使われないことにあります。合気道の門下生は、気の流れやあらゆる状況下の動きに対する研ぎ澄まされた繊細さを育み、そこにある流れと同じ全体方向の中でただ動き流れることを身に着けます。そこにある気の流れや動きと同じ方向に進むだけで、はかりしれない力を生みだし使えるようになるのです。合気道門下生は、ひとや状況を操作し支配する必要を手放し、流れそのものとともにただ動きます。同様に、私たちが何かしら特定の状況で何かを操作したり支配したりしようとすると、その瞬間本来の力や流れにつながることを自ら拒んでしまいます。私たちはまた、どんよりとしたエゴ状態、自分でもよく知りすぎる不変人格に自分自身を閉じ込めてしまいます。現実世界がある種無慈悲で頑なな性質を伴うように見えるような状態です。創造性、喜び、可能性が枯渇して見える状態です。私たちがあまりにも慣れ親しんだ、現実世界のいち状態です。

この新年、わくわく感でなく胸騒ぎがしたのは、このためです。今年すばらしいブレイクスルーがあることもわかっていますし、いまだかつてないほど居心地悪くさせられるだろうこともわかっています。自己防衛しないこと、状況や感情に抗わないことを選んだのですから、これまで長らくうまく避けてきた根深く暗い感情や思考の多くに向かい合うことになるでしょう。耐えがたいような居心地悪さを生じる、こういった感情や気分や思考に向き合うことから来る恐怖と嫌悪で、私はすでに内心打ち震えています。長らくともに生きてきた(そしておそらくは私の一族の世代を超えた遺物の一部である)エゴ状態から自由になるために、私は、生まれてこの方遠ざけようとし続けてきた、葬り去られたあらゆる罪悪感、怒り、恥、無力感、恐怖とすすんで深く関わっていかなければなりません。2014年、あけましておめでとうございます!

ハレ クリシュナ !!

ゴヴィンダ